上手に使って売り場を盛り上げる

カテゴリ

サブメニュー

カレンダー

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

仕切りpopは高さを考えて使用

棚に入る大きさを確認してから仕切りpopを購入するようにしましょう。高さがあるのであまりにも高い背丈の仕切りpopを購入すると使おうと考えていたのに棚に入らない場合もあります。背丈があまり高くない物を購入して使用すれば良いと考えている人もいますが、それでは仕切りpopとしての効果を発揮してくれません。十分に確認をしてから購入をしないとただ棚に入っている物になります。
どれくらいの高さの物が良いのか分からないと棚に入る大きさを確認しても、どの仕切りpopを購入して良いのか分かりません。重要になるのは商品が隠れない高さになります。仕切りpopの近くにある商品が隠れてしまうと、見えない商品の魅力が伝わりません。これは間違った使い方になります。商品が半分以上出る仕切りpopを使うと、いくつかの商品の魅力を無くしてしまう事もありません。仕切りpopの高さが高いとより整理された売り場に見えます。しかし隠れてしまうのでは意味がないです。他の店に負けないようなすっきりした売り場にしたい人は透明な仕切りpopを使いましょう。透明であれば背丈が高い仕切りpopを使っても商品が隠れてしまう事も無く魅力的な売り場作りができます。

仕切り板とpopで売り場を充実させる

販売店が売り場を充実させるには、見せ方の工夫が必要です。ただ漠然と商品を陳列させるだけでは、客が購買意欲をそそられないです。今はただでさえネット通販におされている状況ですので、店を訪れてくれた客は一人たりとも逃したくないはずです。それならまず売り場を充実させることが大切で、そのためにはいろいろな小物を活用していくのもひとつの手段です。
売り場を充実させるのによく使われる小物といえば、仕切り板や販売促進のためのpopがメジャーです。仕切り板があることによって、ディスプレイされている商品を見やすくできます。また、商品を整理できますので、とても良い状態で客に見てもらえます。また、popは客の購買意欲をかきたてるのに一役買います。商品の何が特徴的なのか、購入するメリットは何なのかをpopでギュッと詰め込んで最大限の表現をすれば、それで購入を決断する客が増えるかもしれません。
これは販売店にとってささやかな努力かもしれませんが、1つでも多く商品を売るためにはぜひともやっておきたいことです。今は仕切り板にしてもpopにしても専門向け業者が存在していますし、それらを頼ることによって売り場をさらに充実させることが可能になります。

新着情報