popの視認性と「良い売り場」

カテゴリ

サブメニュー

カレンダー

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

色付きの仕切りpopを使用する

透明や白と言った仕切りpopが一般的になりますが、色付きの仕切りpopでさらにすっきり見せる事ができます。女性をターゲットにしている店は少しでも売り場を可愛くアレンジしたいと考えます。白や透明な仕切りpopを使っても可愛くアレンジできますが、色付きの物を購入するととても魅力的になります。購入する色を変えるだけで男性向けの売り場にもできます。
女性をターゲットしている店の場合は可愛い色の仕切りpopを購入して使用しましょう。ピンクや黄色が女性向けの売り場に適していると言えます。男性向けの場合は青や緑と言った男性が好む色を利用しましょう。特に性別のターゲットが決まっていない店の場合は、色付きの仕切りpopは避けた方が良いですが、黒であれば問題ありません。男性でも女性でも黒が好きな人はたくさんいます。黒の仕切りpopを使用する予定でまだ棚を購入していない人は白い棚をにしましょう。白い棚であれば黒が目立ち売り場がかなりすっきりとした印象になります。黒の仕切りpopは白や透明の物と同様に安い価格で購入できるのでコストの問題も解消できます。一番使われている色は白ですが次に使われている色は黒なので使用しても不思議に思われません。

大手の販売店を参考

売り場をすっきり見せるために使用するのが仕切りpopですが使いすぎは避けましょう。仕切りpopを使うとすっきり見せるだけではなく、一つの商品を宣伝する事ができます。たくさん仕切りpopを使い商品を宣伝すれば売り上げも上がると思いますが、使いすぎてしまうとどこに何があるのか分からなくなり意味がありません。適度に使う事で整った売り場に見えてお客さんにも魅力を感じてもらえると覚えておきましょう。
どれくらいまでなら使って良いのか把握しておくと知らないうちに使いすぎてしまう事もありません。棚や販売している商品でも変わりますがコンビニエンスストアで見る棚であれば一つの段に二つから三つの仕切りpopの使用にしましょう。それ以上使用してしまうと効果が薄くなります。狭い棚の場合は一つの段に一つの仕切りpopにすれば魅力のある売り場になります。たくさん仕切りpopを使いたい気持ちも分かりますが、使いすぎてお客さんが離れてしまうのでは意味がありません。安くそして手軽に使う事ができる魅力があるのが仕切りpopですが、使い方を間違えてしまうと逆の効果になるので気を付けましょう。仕切りpopを使う前に大手の販売店を見に行き参考にすると効果が高い使い方を把握できます。

新着情報